Googleペナルティの回避について調べる男性

誰でも簡単にできるSEO対策とは

新たにドメインを取得してサイトやブログを立ち上げてアクセス数を得るためには、サーチエンジンに高く評価されるためのSEO対策が必須です。
そのためにはコンテンツ内容やHTMLの記述を工夫したり、外部サイトの被リンクを定期的にチェックする必要があります。
良質な被リンクを得るためには、時間がかかります。
アクセス数を得るためには手間暇かけてSEO対策をしながらサイトを「成長」させて、評価を上げなければなりません。

新たにドメイン名を購入してサイトを育てるためには、多くの労力・費用・時間を必要とします。
手っ取り早くサーチエンジンから高い評価を得るために、以前に別のサイトで使用されていた中古ドメインに乗せ換えてしまう方法があります。

かつて使用されていた中古ドメインにサイトを乗せ換える最大のメリットは、新たに設置したサイトでもすぐに検索上位に表示されることです。
一般的に新規のドメイン名がサーチエンジンに認識されるまでには、1~3ヶ月間もの期間が必要です。
サーチエンジンにドメイン名が認識されてからサイトの評価が行われるので、検索順位を上げるためには数ヶ月もの期間を要します。
中古ドメインの場合は最初からサーチエンジンに認識されているので、新たなページを設置してから短期間で検索結果に反映されます。

中古ドメインの中には多くの良質の被リンク数が残っていたり、以前のサイトがサーチエンジンで高い評価を受けているケースがあります。
優良な中古ドメインを購入して使用すれば、質の良い被リンクからの流入が期待できます。
サーチエンジンで上位に表示されやすいため、検索サイトからも多くの閲覧者が流入します。

中古ドメインを利用する場合には多くのメリットがありますが、デメリットも理解しておく必要があります。
中古ドメインのデメリットは、以前に設置されていたページがペナルティを受けていると悪影響を受けてしまうことがあることです。
ペナルティの多くはサイトの内容に起因するものなので、ページを入れ替えて再審査リクエストを送れば解除されます。
ただしバックリンク否認に登録されている場合には、ペナルティ解除後も悪影響を受けてしまう可能性があります。

中古ドメインを購入する場合には、以前にペナルティを受けた経験のない「優良物件」を選ぶことが大切です。
ドメインパワーが高い中古ドメインに乗り換えることで、効果的なSEO対策ができます。