Googleペナルティの回避について調べる男性

最初にPV数が伸び悩む原因を調査しよう

PV数が伸び悩む原因を調査する男性PV数が伸び悩む原因として、内部と外部の2つの問題が考えられます。
内部の問題とは、ページ構成(ボタンや広告の配置・ページの作成方法)やコンテンツ(記事)の品質に起因する問題です。
外部の問題とはキーワードを検索してもページがヒットしなかったり、検索結果の上位に表示されないなどの問題です。
PV数を伸ばすために改善を行うためには、まず最初に「内部」と「外部」のどちらに問題があるのかを調査する必要があります。

PV数が伸びない原因を調べる場合は、Google Search Console(グーグルコンソール)を活用すると便利です。
グーグルコンソールは誰でも無料で利用できるサービスで、ページごとに訪問者の流入経路や離脱率・直帰率を調べることができます。
ページ単位で回遊率・離脱率・直帰率を比較すると、サイト訪問者の動向を把握することができます。
グーグルコンソールで分析をすれば、改善すべき方法が明らかになります。

「離脱率」とは、サイト内の複数のページを閲覧した後にブラウザを閉じたり他サイトにアクセスした割合です。
これに対して「直帰率」とはサイト内の他のページに移動せずに、最初に1つのページを見ただけで他サイトに移動したりブラウザを閉じてしまった割合です。
直帰率が高いページには、記事の品質やボタン・広告などの配置に何らかの問題がある可能性が高いです。

Google Search Consoleを活用すると、サイト内で流入経路の働きをしているページを見つけることができます。
流入経路のページを特定したら、他のページに移動しやすいように改善をする必要があります。

記事や各ページの階層構造・ボタンや広告の配置に大きな問題がない場合には、外部の問題が考えられます。
一般的にサイトやブログの訪問者は自分が知りたい内容のキーワードで検索をして、ヒットした上位のページを閲覧します。
外部の問題があると、自分のサイトが検索結果の上位に表示されなかったり結果に含まれないことでPV数が減少する恐れがあります。

一般的にサーチエンジンは、各サイトやページのインデックスを作成します。
利用者が入力した検索ワードに一致または近いインデックスのページが、検索結果として表示されます。
Googleではプログラムが記事の質を自動的に判断し、評価が高い順に検索結果に表示される仕組みになっています。
PV数を伸ばすためには、サイトの評価を高めるために各ページの構成やコンテンツを最適化するためのSEO対策が必要です。

Googleアップデートが実施されると、各ページの質や重要度を判断する基準が変更されることがあります。
Googleアップデートでサイトの評価基準が変更されると検索結果の上位に表示されなくなってしまい、PV数が減少するケースがあるので注意が必要です。