Googleペナルティの回避について調べる男性

マーケティングサイトの改善-コンバージョン率をアップさせる

マーケティングサイトは、ページを閲覧した人に商品やサービスの購入をしてもらうという目的があります。
PV数は順調に増えているのにコンバージョン(成約)率が低い場合は、CTAリンクの画像(ボタン)やテキストをクリックしやすいように改善する必要があります。

コンバージョン率を改善するためには、商品を購入したいと思った人がすぐにCTAボタンを見つけられるようにすることが大切です。
サイト閲覧者がCTAボタンの存在を認識することができるようにするためには、配置場所・大きさ・色・周囲とのスペース(余白)を工夫する方法があります。

商品の購入をしたいと思った人がすぐにCTAボタンを見つけられるようにするためには、表示される位置を工夫しましょう。
複数の商品を販売するサイトであれば、他の商品の購入ボタンとの境目が明確になるように配置場所を工夫することが大切です。

背景や文字の色と混同することで、CTAボタンが認識しにくい場合があります。
CTAボタンは目立つ色を選ぶことで、他のテキストや画像と混同しないように注意しましょう。
CTAボタンに、アニメーションGIFを活用する方法もあります。
CTAボタンだけを目立たせるために、他のリンクや画像にアニメーションを使用しないという方法も効果的です。

CTAボタンやリンクは、ページ内に使用されている他の機能の画像よりも大きくして目立たせることが大切です。
CTAボタンが小さすぎると画面が小さいPCでクリックしにくいですし、モバイル機器であれば指でタップしにくくなってしまいます。
小さなディスプレイでも、簡単にCTAボタンを見つけて押せるような大きさにすることが大切です。

CTAボタンを目立たせたりクリック・タップをしやすくする方法として、周囲の他の文字や画像とスペースを設けると良いでしょう。
リンク画像の周囲に余白を設置することで、ページ全体にメリハリをつけることできます。
表示される画像の内部にも適度なスペースを設けることで、文字が認識しやすくなります。

CTAボタンや内部リンクを改善する方法として、分かりやすい文言に変更することができます。
例えば、本を販売するサイトで購入手続の画面に進むCTAボタンを設置すると仮定します。
CTA画像や内部リンクの文言は「購入」よりも、「本の購入手続きに進む」の方が分かりやすくなります。
一目で内容が分かるようにしておけば、利用者は安心して購入画面に進むことができます。