Googleペナルティの回避について調べる男性

アフィリエイトサイトのユーザービリティを改善しよう

アフィリエイトサイトであれば、広告のクリック数に応じて収入が入るケースが多いです。
多くの訪問者に広告をクリックしてもらうためには、目立つ場所にバナー画像が表示されるように配置をする必要があります。
中にはアフィリエイト収入を得る目的で、誤クリックによってサイトに誘導しようとするページも存在します。

ほとんどのサイト訪問者は、記事の内容を閲覧する目的でアクセスをします。
過度に目立ちすぎる広告は記事を読むのに邪魔になってしまい、利用者にとって不利益になってしまいます。
モバイル機器でアクセスをする場合にはディスプレイを指でタッチしてスクロールします。
指がバナー画像に触れてしまうと、閲覧者が意図しないのに他のページが表示されて不快に感じさせてしまいます。

Googleでは各サイトの評価が行われますが、この時にページのユーザービリティも考慮されるので注意が必要です。
Googleの評価が下げられてしまう広告とは、バナー画像がページ領域内に過度に貼られている・コンテンツ内容と一致していない・誤クリックを誘導しているケースです。
バナー広告が邪魔になってコンテンツの閲覧に支障が出ると、Googleペナルティの影響でアクセス数の減少してしまう恐れがあるので要注意です。

Googleペナルティ以外にも閲覧者を不快に感じさせてしまうことで、サイトのリピーターを失う恐れもあります。
アフィリエイトサイトは目立つ場所に広告を貼ることが大切ですが、ユーザビリティに配慮すべきです。

アフィリエイトサイトでアクセス数が伸び悩むようであれば、ページ内でバナー画像を表示させる位置やサイズ変更をしてみるようにしましょう。
記事の閲覧に邪魔にならないようにするために、バナー画像を下の方に移動したりサイズを小さくする必要があるかもしれません。
モバイル版のページでは閲覧者が誤ってタップをしないように、バナー画像の位置やサイズ変更をしてみましょう。

掲載する広告は、記事の内容と関連性が深い商品やサービスを提供する会社を選ぶことも大切です。
例えばコンテンツ内容として、インターネットでお小遣いを稼ぐ方法の解説文を使用すると仮定します。
記事の一番下におすすめのアンケートサイトやポイントサイトのバナーを配置しておけば、閲覧者にとっては広告も有用な情報源の一部になり得ます。
記事の内容と広告を一致させることでも、ユーザビリティを向上させるように改善してみましょう。