Googleペナルティの回避について調べる男性

アクセス数アップのために良質な被リンクを増やそう

PV数を増やすための外部対策について説明する男性PV数を増やすための外部対策として、他サイトに貼られたURL(リンク)の数や質を改善する方法があります。
検索結果以外にも、他サイトのリンクを辿って閲覧者が流入するケースも少なくないからです。
他サイトに貼られたリンクは訪問者を自分のサイトに誘導するだけでなく、検索順位にも影響を及ぼします。

PV数は各サイトのGoogle評価によって大きく左右され、検索上位に表示されるとアクセス数が伸びます。
サイトやページの信用性や評価はコンテンツの独自性や質だけではなく、外部サイトに貼られた被リンクの数と質によっても大きな影響を受けるので注意しましょう。

ナチュラルな被リンクインターネット上のサイトに含まれるページの中には、同ジャンルの記事が扱われている他サイトへのリンクが含まれる場合があります。
他サイト内に貼られた自分のサイトへのリンクを、「被リンク」と呼びます。
ジャンルや内容が一致している他サイトへの“自然な”被リンクは「ナチュラルリンク」と呼ばれます。
これに対して、検索エンジン対策のために記事の内容に一切関係なく機械的に大量に貼られたリンクのことを「不自然なリンク」と呼ばれています。
良質の被リンクを増やせば、検索順位や評価の面で良い影響を受けます。

Google評価2012年4月以降にGoogleでは、各サイトの質を評価するアルゴリズム変更(ペンギンアップデート)を実施しています。
ペンギンアップデートは、被リンクの質によって各ページの価値を評価する仕組みです。
Google評価を上げることで、アクセス数を伸ばすことができます。

検索順位が上昇2012年4月以前は、単にリンクの数が多いページが高く評価されて検索上位に表示されていました。
ペンギンアップデート以降は、リンクの数が少なくてもナチュラルなものであればサイトの信用性が高くなって検索順位が上昇するようになりました。
逆に不自然なものが多いとサイトの評価が下げられて、ペナルティを受けてしまう恐れがあります。

ペンギンアップデートに対応したSEO対策として、ナチュラルリンクを増やす方法があります。
良質な被リンクを増やすためには、コンテンツの内容とタイトルを一致させることが大切です。
リンクを貼る時はアンカーテキストにページタイトルを使用するので、記事の内容が分かるようなタイトルを付けるように心がけましょう。

外部対策として定期的に他サイトに貼られたリンクをチェックして、不自然なリンクを見つけたら削除を依頼しましょう。
隠しリンクや問題のあるページに被リンクが設置されると、Googleペナルティを受けてしまう恐れがあります。
このような場合は、バックリンク否認やペナルティ解除などのSEO対策が必要です。