ユーザビリティを上げGoogleペナルティを回避するSEO

Googleペナルティの回避について調べる男性

サイトやブログを立ち上げたのにアクセス数が伸びない場合や、一定の期間が経過した後にアクセス数が伸び悩んだり減少するケースがあります。
アクセス数が伸びない原因として、複数の要因が考えられます。

アクセス数が伸び悩む原因として、ページの構造やコンテンツの質など、サイト内部に問題があるケースが考えられます。
記事で扱われているジャンルの独自性・専門性が低いとPV数が伸びません。

サーバー速度が遅くてページの表示に時間がかかったり、ユーザビリティに配慮をしていない可能性も考えられます。
今はモバイル機器でアクセスする人が増えているので、モバイルフレンドリーに対応していないこともアクセス数が伸び悩む原因のひとつです。

外部の問題がアクセス数の伸び悩みの原因であるケースもあります。
外部サイトの被リンクの質に問題があると、検索結果の表示順位が下げられ反映されなくなってアクセス数が伸び悩んでしまう場合があるからです。
Googleでは問題のあるサイトを表示結果から除外する「Googleペナルティ」が設けられており、この影響を受けてアクセス数が急減するケースもあります。

Googleペナルティを回避するSEOについて説明する男性内部と外部対策アクセス数の伸び悩みに対処するための方法として、サイトやブログのコンテンツやページの構造・レイアウト・アイキャッチ画像の改善などの内部対策があります。
サーバー速度やモバイルフレンドリーに配慮するなどして、ユーザビリティを改善することができます。
外部対策として、SEO対策やGoogleペナルティのチェックを行うことも大切です。
サーチエンジンにヒットしやすいようにするために、検索クエリやキーワードを替えてみる方法もあります。

SEO対策の方法はいくつもありますが、同じジャンルで既に多くのアクセス数を稼いでいる他サイトのコンテンツをリライトする際は注意が必要です。
リライト記事が多いと独自性・専門性の低いコンテンツとみなされますし、コピーテキストが多く含まれているとGoogleペナルティの対象になる恐れがあります。

アフィリエイトサイトでは、多くのPV数を得ることが大切です。
そのためには、サーチエンジンからの流入を増やすためのSEO対策を実施することができます。
多くのキーワードや検索クエリにヒットするように、コンテンツやタイトルを工夫する必要があります。

マーケティングサイトはマーケティングのために利用する場合には、サイトは商品を販売するお店と同じです。
トップページのアイキャッチ画像を上手に選ぶことや、閲覧者が購入という行動を取りやすくするための対策が有効です。

CTR改善方法マーケティングサイトでは閲覧者が購入の手続きに進みやすくするたに、CTRを改善する必要があります。
ページ全体のデザインを変更したり、簡単にCTAボタンを見つけやすくするようにCTR改善方法を検討しましょう。